スポンサーリンク

サブスクは定期的に見直せ

朝記事

おはようございます!
わーさんです!

久しぶりの快眠です。

気持ちよく、起きることができました。

昨日は、二度寝したわりには体が疲れていたので、あまり寝すぎるのもよくないと感じました。

今年の裏目標としては、「睡眠時間との向き合い方」がひとつ大きな目標かも知れません。

私も26歳になる年ですので、生物的には老いが始まっていきますが、少しでも健康で過ごせるような体作り、ライフスタイルを築いていきたいです。

スポンサーリンク

サブスクは定期的に見直せ

では、本題に入っていきます。

今回は「サブスクは定期的に見直せ」ということについて考えていきます。

あなたはどんなサブスク、ここでは「月額課金サービス」ということで考えて欲しいのですが、どんなものに加入していますか?

私が現在使っているサービスは

  • Amazon prime会員
  • Kindle Unlimited
  • Audible
  • Netflix
  • その他

といった感じで、月に7000円くらい利用しています。

しっかり見直して見ると、意外にも使っているなという感じです。

・・・

この点から今回の記事について考えていきますが、あなたは「そのサービスを毎月、納得がいく形で利用できていますか?」

この質問に明確に答えることができるようなら、
しっかりとサービスを使えていることになってきます。

明確な理由がなければ、
お金を無駄に支出しているだけになっているかも知れません。

その意味でも、定期的に見直すことが大切になってきます。

その部分を解説していきます。

目に見える形はあるのか?

サブスクに加入して、サービスに対する明確な理由がないのは「目に見える形」がないのが原因になっているかも知れません。

そのサービスを意識して使っている。
もしくは、意識の外にあり、加入していることすら忘れている。

どちらが考えられます。

そのため「実感」として感じる必要があります。

理由はなんでもいいです。

  • 生活の一部になっている
  • 情報収集のメインコンテンツ
  • 将来に使える情報の提供

という感じに、自身の生活の中にしっかりとそのサービスが溶け込んでいるのを感じることができるかが大切です。

反対に、サービスに不満を感じながらも続けていることも考えられます。

  • 価格が高いけど将来のため
  • 更新頻度に不満
  • 思っていたものと違うが、これがサービスというものか

このように少しでも、心の引っ掛かりのようなものを感じているのであれば、一度サービスをやめて見ることも大切です。

その月にかけているお金をセーブする意味もあります。
また、そのお金を他のものに使うこともできます。

お金の使い道はいろいろと考えることができます。

サービスを使っている実感を感じることができないなら、見直してみる時間を作るのも大切な自己管理のひとつです。

基準を設ける

今回の記事のまとめになりますが、私なりの判断基準を紹介して終わりにします。

私は「ワクワク感」を大切にしています。

そのサービスを使っている自分がワクワクしている。

気持ちが高揚している実感を感じることが大切だと思っています。

「その製品を使っている自分が好き」のと同じ感覚です。

気持ちがのらないのに、サービスを続けている意味もないです。

そのため、楽しくサービスを使えていることが大切だと考えています。

・・・

もしかすると、そのサービスを加入した時の気持ちのままなのかも知れません。

「ワクワク感」のまま加入して、そのまま楽しむことができている。

その時間がずっと続いていることがワクワク感として、実感している部分かも知れません。

もちろん、中にはワクワク感を持って加入してみたが、つまらないと思ったサービスもあります。

それも、社会経験のひとつです。

いろんなことを経験しながら、考えながら、自分がそのサービスを満足に使えているのかを考えて、お金を使っていってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました