スポンサーリンク

姿勢を見直す

朝記事

おはようございます!
わーさんです!

今日は実験的に早起きしてみました。

ブログを書いている時間帯はそんなに変わらないですが(笑)

私は、fitbitを使って、毎日睡眠時間を管理しています。

そのデータが溜まってきたので、どのタイミングでアラームをセットすると反応がいいのか確かめてみました。

考える点として、睡眠時の波は「寝た時が深く、時間が経過するにつれて浅く」なります。

その間も、潜ったり、浅くなったりを繰り返しながら、起床の時間帯を迎えます。

そのリズムが一般的には90分と言われているので、そのタイミングを狙って少し早い時間にアラームを設定すると、見事に起きることができました。

実験的には成功です。

ただ、やはり睡眠時間が短いと、
少しだるさがあったり、作業効率が悪く感じます。

実際、この記事を書いている時のタイピングの感じも鈍いです。

明日からは、通常運転に戻します。

今日は、ブドウ糖を補給して頑張っていきます。

最近のおすすめ↓

スポンサーリンク

姿勢を見直す

では、本題に入っていきます。

今回は「姿勢を見直す」ということについて考えていきます。

質問ですが、

「あなたは姿勢がいいですか?」

私は、とても悪いです。

昔から、

  • 「猫背だ」
  • 「姿勢が悪い」

と言われ続けてきました。

自分でもいろんな方法を試して、姿勢改善に挑んでみました。

ただ、あまり効果を発揮できるものがなく、姿勢に関して気にしていませんでした。

しかし、最近改めて、姿勢について考えるようになりました。

その変化としては「デスクワーク」が多くなったということです。

私は、基本的に毎朝起きてから、
このブログやnoteを書きますが、もちろんデスクワークです。

また、午後から仕事に出かけますが、仕事もデスクワーク。

つまり、1日中、座りっぱなしの生活なのです。

・・・

これによって、姿勢がどんどん前傾姿勢になり、
骨盤が歪み、負荷がかかってしまう状態になります。

それによって、将来、同年代と比べて早く寝たきり生活になる可能性が生まれるのを考えると「嫌だな」と思う気持ちになりました。

私は現在、25歳ですが、人生100年時代と言われています。
100歳まで生きる人が増える世代です。

そのため、活動年数も長くなり、一般的に80歳くらいまでは生産的に活動を続ける人が多い時代になるでしょう。

そのような時代を生きるのを想像した時に、60歳、70歳くらいで寝たきり生活は嫌だと思ったので、今のうちから姿勢について考え直しておかないといけないと感じました。

内側から変化する

姿勢に限らないですが、
自身の変化の基準としては「外側からの意識」が関係していることがあります。

  • 誰からから言われた
  • 自分について、話している声が聞こえてしまった
  • 視覚情報から、自分について言われているように思えた

などといったように、自分の生活に変化を与える要因は「外側」にあるイメージですが、実際に大切なのは「内側」だと考えています。

過去の私もそうですが、いくら外側からの影響力があったとしても、自分自身が変わろうとする気持ちがなければ、いつまでも変わることはありません。

つまり、最初は外側の刺激で判断しますが、
最終的に大切なのは間違いなく「内側」の気持ちです。

この内側の気持ちにどのように寄り添うことができるかが大切になります。

私も工夫をしないといけない部分です。

いつでも見られている意識を持つ

私は習慣的に時間を決めて行動しないと、サボってしまう性格だと考えています。

そのため、毎朝起きたら

  • ブログを書く
  • noteを書く
  • 音声配信を収録する
  • 読書をする

このように、毎日のサイクルを同じようにする意識を持っています。

サイクルが崩れてしまうと、やっていないことに対して「今日はいいかな・・」と思う気持ちになり、そこから続けなくなってしまうからです。

そのため、姿勢もサイクル、習慣にすることが大切だと考えます。

そのひとつとして、実践しようと考えていることは、「いつでも見られている意識」を持つことです。

ついつい気が緩んでしまって、ダメな姿勢を取りがちです。

そのため、体制がよくなかったら「姿勢、姿勢」と思う意識を持ちます。

このような心理的な取り組みを「イフゼン・プランニング」と言ったりします。

「Aの時にBをする」といったように「スマホの充電をするときに日記を書く」と決めると自然とその行動が習慣化されていきます。

私もこのように、意識して姿勢を正していきます。

あなたも、姿勢が悪いと感じているようでしたら、改善するきっかけにして欲しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました