スポンサーリンク

年間150冊読んで感じた|本の大切さを伝えたい

はじめに

はじめまして!わーさんです!
私のブログに来ていただき、ありがとうございます!

このページでは、このブログを立ち上げた経緯について語っていきます。

私がこのブログを立ち上げた想いが3点あります。

・絶望にいた私を救ってくれたのが「本」だった
「本」によって”世界”が広がった
「本の魅力」を多くの人に伝えたい

スポンサーリンク

絶望にいた自分を救ってくれたのが「本」だった

私は大学を卒業して、民間企業に就職をしました。
一般的なサラリーマンです。

しかし、私は入社してすぐに思いました。

「想像していたことが現実と大きくかけ離れていた」ことに。

そこから私は、毎日が苦痛でした。

  • 朝起きるのがつらい
  • 生きる気力が出ない
  • 仕事では、怒号の連続
  • 楽しいと思える時間がない

そんな毎日が続いていました。

そんな環境にいても、
人生が楽しくなるわけがない。

そう思い、最後は逃げるように会社をやめました。

それから、さらに暗くなり、
引きこもりになりました。


引きこもっていても、収入があるわけではありません。
その現実と向き合い、まずはお金だけは稼ぐことにしました。

地道なバイト生活です。

その中で「自分には何が欠けているのだろう?」と考えるようになりました。

その答えが見つからないまま、数ヶ月が過ぎ、
ある時「心理学の本」を手にしました。

これが、私の人生を変えたきっかけです。

そこから、自分という人間を客観的に考えるようになり「本には人を動かすチカラがある」と感じるようになりました。

そこから私は、本の魅力に惹かれて、今に至ります。

「本」によって”世界”が広がった

突然ですが、質問させてください。
「あなたは月何冊、本を読んでいますか?」

どうでしょうか?

ある調査では「月1冊も読まない人」が約半数近くいるデータもあります。

つまり、月1冊でも読むことができれば、
それだけで半分以上になれるのです!

”驚き”ではありませんか?

私自身も、本を読む前はすごく「狭い空間」にいました。

今見ているものが、
”すべての現実”だと悟ったかのように思っていました。

しかし、本を読んで世界が広がったのです。

この、ちっぽけだと思っていた自分の世界に光が入り混んできたのです。

それから、私は多くの本を読み、
いろんなことを知ることができました。

本は「人の人生を動かしてくれる要素」がたくさん詰まっています。

そのことを多くの人にも知ってもらいたいと想う前から行動に移していました。

「本の魅力」を多くの人に伝えたい

「本」というもの。
「本を読むこと」に抵抗がある人は多くいるのではないでしょうか?

私自身も昔は、本を読むのが嫌いでした。
文字を読むのが退屈ですぐに飽きてしまっていました。

学生時代に本をしっかり読んだ記憶がありません。

大学を卒業して、就職してから本を読んだ記憶もないです。
それだけ、縁遠いモノでした。

それだけ、本というモノは日常において、
遠い存在にあるのだと思っています。

しかし、人生を動かすには、手軽で一番効果があるものだと自信を持って言えます。

それだけ、本を読んできたからです。

それだけ、本というモノには、
「見えないチカラ」があります。

そのチカラの存在を多くの人に気づいて欲しい。
そして、本を読んで欲しい。

それが私の想いです。

最初は月1冊からでいいです。
それだけでも、上位50%になることができます。

私はその生活のお手伝いを、このブログを通じてすることができればと思っております。

少しでも多くの人が本を読んでくれる世の中に。
そして、本によって人生を変える人が多く生まれることを願っています。

また、本の紹介だけではなく、
知識を応用して、日常生活での応用の仕方や読書術なども紹介していきます。

日頃の生活の参考にしていただけると嬉しいです。

生活のタメになる発信を心がけていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました