スポンサーリンク

アイデアの生み出し方はすごく地味

朝記事

おはようございます!
わーさんです!

世界でも日本でも、いろんな動きが活発になってきています。

日本では、緊急事態宣言の地域が拡大されて、さらに動きが制限されてしまいました。

より生活がしにくい時間が続きますが、気持ちだけは大切にして欲しいです。

スポンサーリンク

アイデアの生み出し方はすごく地味

では、本題に入っていきます。

今回は「アイデアの生み出し方はすごく地味」ということを考えていきます。

簡単な本のレビュー記事です。

今回読んだ本は、ジェームス W.ヤング著『アイデアのつくり方』という本です。

有名な本なので、ご存知の方も多いかと思います。

日本での発売が、1988年ですので今から約30年前の書籍が今でも読み続けられているのはすごいことですね。

それだけ、影響力がある本だということです。

・・・

本書を読んだ結論として、アイデアを生み出すには「情報とデータ」しかないと感じました。

アイデアと聞くと「空から降ってくる印象があります」

しかし、そうではない。

地道に資料を集めて、情報を咀嚼して、データを組み合わせることによってアイデアにつながっていきます。

また、アイデアはアイデアのままで終わってしまったら、ただの妄想でしかありません。

それを、具現化、現実化してはじめて価値が生まれるのだと感じました。

・・・

多くの資料を集める。
情報を整理して、実験してみる。

もちろん、そう簡単にうまくいかないことの方が多いです。

それだけ、アイデアを作り出すのは難しい。

「数」をこなしていくしかないのです。

ただ、失敗の数のひとつのデータです。

「失敗」という誰しもが受け入れたくないデータをいかに有効利用して、誰もが辿り着かないアイデアを生み出す。

過去に辿り着いた人がいたが、現実化できなかったアイデアが生み出す。

その可能性を秘めているのが「失敗の数」であり「実験の数」です。

それだけ「数」という言葉にも大きな重みがあるのです。

私は、本書を読んでそのように感じました。

自分はまだまだ、
情報が足りない。思考が足りない。実験の数が足りない。

数回挑戦しただけで、諦めてしまうことも多々ありました。

しかし、それではいけないと改めて思うことができました。

地味を愛せよ

アイデアを生み出すのは「情報とデータ」です。

つまり、その作業というのは「地味」なのです。
地味な作業を愛さないといけません。

正直、自分が好きではないことを
長く続けるのは精神的にも厳しいモノです。

私も嫌いなことをずっと続けることはできないです。
作業をすることに対する気持ちがなくなっていき、精神的に滅入ってきます。

ただ、地味でも「好きなこと」であれば、ずっと続けることができるのはないでしょうか?

まさに、呼吸をするような感じで、
朝から晩まで食事も忘れて続けていられること。

それを見つけることがとても大事です。

なんでもいいです。

  • 音楽
  • 食事
  • 健康
  • 芸能
  • 英語
  • 数学
  • 宇宙
  • 科学
  • 運動
  • 健康
  • ゲーム

ジャンルはさまざまあります。
その中で、気になるジャンルの情報を集めて、自分なりのアイデアを生み出す。

最初は不満を考えることでアイデアが生み出しやすくなるかもしれません。

数多くの実験を繰り返して、「失敗というデータ」を数多く手に入れることで、あなただけのデータが出来上がっていきます。

そこから、発展をさせて現実化できるモノを築き上げていってください。

気になること見つける

今回の記事のまとめですが、アイデアをつくるのは「好奇心」が一番の要素です。

人間は興味のないことに時間を使うことはほとんどないです。

しっかりとした対価があるのなら、話は別になりますが・・・。

しかし、対価だけ求めても気持ちが続かないと意味がないです。

それは、やはり「好きなモノ」「ずっと続けたいモノ」

それに変わるモノはないのです。

私自身も好きなモノを大切にしていき、
好きなジャンルの情報を集め、自分なりの答えを出す。

その答えには、数多くの実験と失敗を繰り返すことになりますが、好きであるならその時間も楽しいものになります。

あなたも、何かアイデアを生み出したいのであれば、
まずは情報、資料を集めましょう。

おすすめは「本」が一番効率がよく、信頼性が高いです。

気になるジャンルの本を数冊読み比べると、いろんな意見が書いてあります。

それを比較して、自分なりの答えを出してみる。
次に疑問と感じる部分を見つけて、さらに調査を深めていく。

この繰り返しなのです。
これを愛することができるかによって、
アイデアが生まれる可能性が変化してきます。

現代は変化の大きい時代です。
1日もあれば、いろんなことが変化していきます。

その変化の多い時代に、あなたなりのアイデアを組み込む準備をしましょう。

それが、未来を変えることにつながるとすれば、
ステキなことではないでしょうか?

ワクワクすることを続けていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました